人の輪へのこだわり

社員だけでなく職人への教育も徹底
「建築業はサービス業」の意識で満足度の高い住宅を施工

「こんにちは」「お元気ですか? 」
街ですれ違ったときにこんな風にお客様から気軽に声をかけてもらえるような身近な存在であること、それが当社の理想です。そのためには建築業はサービス業という意識が必要不可欠です。社員だけでなく職人とも意識・意見を共有し、お客様の幸せを考えた家づくりに取り組んでまいります。

職人さんとの輪

どの職人も十分な技術や知識は持っています。しかし、それだけでは質の高い家造りはできません。技術・知識に加えて重要なのは、家造りに対する『思い』を持つことです。そのために当社では職人たちと多くの交流の機会を持つようにしています。社員・職人全員での新年のご祈祷や、品質向上大会の開催、お客様のアンケートを見て話し合うなど・・・。職人たちと交流して意識を高めあうことで、本当にお客様のためを思った家造りができるようになるのです。

詳細はこちら


社員との輪

セミナーや勉強会などを定期的に行うことで知識・技術が向上するだけでなく、家造りに対する価値観が統一されます。社員全員が共通の意識を持つことで、山田工務店が目指すレベルの高い提案ができるのです。さらに、パーティーやかくし芸大会・社内旅行など、社員間の交流を深めることでチームワークの向上を図ります。困ったときには助け合い意見を出し合うなど、団結力があるからこそより質の高い家造りが可能です。その他にも社員との輪を深める様々な工夫があります。

詳細はこちら


毎日多くのお客様からアンケートをいただいています!

新築工事やリフォーム工事を通じて毎日多くのお客様からアンケートをいただいています。そのアンケートは担当者や上層部が見て終わりではなく、次のように利用しています。

1. 現場を担当してくれた全ての職人にFAXにて送付し、共有します。
2. 毎朝社内の朝礼で読み上げます。
3. 毎月の社内報に掲載します。
4. 品質向上会議の議題に取り上げ検討します。
5. 社内の掲示板に掲示し、来社されたお客様にも見ていただきます。

アンケートでいただいた意見をもとに業務の改善・見直しを行っています。職人からは「今までお客様から意見をいただく機会がなかったので、アンケートでお客様の反応を知ることができるのは嬉しい。『良い仕事をしなければ! 』という想いが強くなります。」という声もあり、大変好評です。当社・職人ともに技術・品質の向上に役立てています。