二世帯住宅のメリットや失敗しない間取りとは?


一昔前までは、親と子どもが同居するのは当たり前でした。
しかし、今はプライバシーの問題などから、同居をためらう人が多いです。
でも、年老いていく親が心配という方も少なくないでしょう。
そこで、親世帯子世帯のプライバシーを守りつつ、一緒に住める二世帯住宅に注目する方もいます。
今回は、二世帯住宅のメリットをご紹介しましょう。
実は、建築費や税金でも二世帯住宅は優遇されやすいのです。
また、失敗しない二世帯住宅を建てるため、間取りの例などもご紹介しましょう。
二世帯住宅の建築を考えているという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. 二世帯住宅とは?
  2. 二世帯住宅のメリットとは?
  3. 二世帯住宅で失敗しないために気を付けたいこととは?
  4. おわりに

1.二世帯住宅とは?

二世帯住宅とは、親世帯と子世帯がプライバシーを守りつつ同居できるように工夫された間取りの家のことです。
キッチンや浴室などの水回りがふたつあったり、玄関が別々だったりするまどりが一般的でしょう。
また、玄関は共有でも内側に鍵のついたドアがあり、親世帯と子世帯のプライバシーを守れる設計になっているものもあります。親世帯に子世帯が入居する形の同居よりもストレスが少ないということで、親世帯と子世帯がお金を出し合って建築するお宅も多いのです。
しかし、二世帯住宅のメリットはこれだけではありません。
次の項では、二世帯住宅のいろいろなメリットをご紹介していきます。

2.二世帯住宅のメリットとは?

二世帯住宅のメリットというと、親世帯と子世帯がプライバシーを保ちながら同居できることをあげる人が多いでしょう。
しかし、二世帯住宅のメリットはそのほかにもあるのです。
この項では、その一例をご紹介していきましょう。

2-1.家を建てる資金が節約できる。

二世帯住宅は、親世帯をリフォームしたり親世帯の持っている土地に建てたりすることが多いです。
ですから、子世帯が土地を購入して家を建てるよりもずっと安価でしょう。
また、家を建てることを考えている世代は、親も子もある程度の資金を持っている場合が多いです。
ですから、ふたりの資金を合わせればより立派な家が2軒の家を建てるよりもお得に建築できます。
同じように見えても、やはりお金をかけた家の方が長持ちするのです。
また、土地が余っているというお宅も敷地内に2軒の家を建てるよりも、二世帯住宅にした方が建築費は節約できます。

2-2.税金が安くなる

二世帯住宅を建てると、相続税がかなり減額になります。
ただし、ただ二世帯住宅を建てればよい、というわけではありません。
親の名義で二世帯住宅を建て、子世代がそこに一緒に住んで親の家を相続した場合は、最大で80%も相続税が安くなるのです。
特に、地方の場合は広い敷地の家を持っている方が多いでしょう。
ただ単に家を相続するだけでは、相続税がかなりかかる場合もあるのです。
また、敷地内に別の家を建てても相続税は割引になりません。
つまり、敷地内同居をするのならば二世帯住宅の方が後でよりお得になるのです。

2-3.ローンがより多く組める

二世帯住宅の場合は、親子で二口ローンが組めます。
年齢制限があるフラット35などのローンも、二世帯住宅なら審査が下りることが多いのです。
ですから、「親の家を大幅にリフォームしたいけれど、父親が年齢的にローンを組めるか心配だ」という場合も、二世帯住宅にすれば親子ローンという形で組めます。
親世帯を大幅リフォームして子世帯を新築するよりも、お得になるでしょう。
ただし、二口ローンが組めるのは親子だけです。
兄弟姉妹間ではローンが組めないことが多いので、注意しましょう。

2-4.孫の面倒が見やすい

今は、共働き家庭が一般的になりました。孫の面倒を祖父母が見ていることも多いでしょう。
しかし、親世帯と子世帯が別々に住んでいる場合は、面倒を見るのも大変です。
二世帯住宅なら、孫は一度子世帯に帰宅した後で親世帯にも行けます。
さらに、塾や習い事への送迎も簡単でしょう。

3.二世帯住宅で失敗しないために気を付けたいこととは?

さて、今まで二世帯住宅のメリットだけはあげてきましたが、もちろんデメリットもあります。
二世帯住宅は特殊な間取りも多いので、不要になったからといっても買い手がつきにくいのです。
では、どうすれば親世帯と子世帯の両方が満足できる二世帯住宅が造れるのでしょうか?
この項では、その方法の一例をご紹介します。

3-1.間取りは住む人全員で決める

二世帯住宅は、親世帯にはどちらかといえばなじみの薄いものです。
特に、同居を経験した世代だと、「同居でいいではないか」と思いがちでしょう。
ですから、二世帯住宅といっても、子世帯にトイレくらいしか水回りを作ろうとしない親世帯もいます。
二世帯住宅の間取りは、住む人全員で決めましょう。
特に、キッチンやお風呂などは住む人によって使い方やこだわりが違います。
二世帯住宅を造って満足しているお宅の多くは、このような場所をしっかりとふたつ造っているのです。

3-2.プライバシーを保つ工夫をする

二世帯住宅といっても、仲がよいご家族の場合は自由にふたつの世帯をいったりきたりする場合もあるでしょう。
しかし、義理の親と二世帯住宅に暮らす立場にある人は、あまり好き勝手に立ち入られると、ストレスを感じる場合が多いのです。
かつてはお嫁さんがこの立場に立たされることがほとんどでしたが、現在は男性が妻側の両親と生活することもあるでしょう。
ですから、親世帯も子世帯もそれぞれプライバシーをたもてる間取りにしてください。
玄関を別々に作ったり、きちんと鍵のかかる空間を造ったりすることが大切です。
また、両方ともそれぞれの世帯に勝手に入らないような取り決めをしましょう。
さらに、いちいち別世帯の行動を監視してはいけません。

3-3.税制度の優遇をきちんと理解しよう

前述したように、二世帯住宅を建てると相続税などが優遇されます。
しかし、優遇を受けるには条件があるのです。
ですから、それを理解したうえで二世帯住宅を建てましょう。
現在は、ハウスメーカーなどが相談会を開いてくれることも多いです。
また、税理士などが相続税対策のセミナーを開いてくれることもあるでしょう。
個人的に税理士とお付き合いがあるのなら、相談してみてもよいですね。
税制度をよく理解しないまま二世帯住宅を建てると、「こんなはずではなかった」と後悔するかもしれません。

4.おわりに

いかがでしたか?
今回は二世帯住宅のメリットや、失敗しない間取りなどをご紹介しました。
まとめると

  • 二世帯住宅は、プライバシーの保護以外にも税金のメリットがある。
  • 二世帯住宅は、2軒の家を建てるより費用が安い。
  • 二世帯住宅を建てる場合は、住む人全員の意見を聞いて間取りを決めよう。

ということです。
今、親の家が空き家になったけれど始末に困っている方も多いといいます。
2世帯住宅ならば、たとえ親世帯が住めなくなっても子世帯だけで管理していくこともできるでしょう。
人が住まない家はあっという間にいたみます。
ですから、エコな暮らし方としても注目を集めているのです。
二世帯住宅にはいろいろな間取りプランがあります。
親世帯と子世帯のライフスタイルによっても、間取りは変わってくるでしょう。
二世帯住宅を建てたい場合は、どちらかの意見だけを重要視してはいけません。
特に、義理の関係になる人には気を使いましょう。


新築注文住宅のはっぴいハウス