インテリアの選び方でもう迷わない!選び方や配置のコツと注意点!


インテリア部屋のインテリアを選ぶときは、わくわくして本当に楽しいですよね。
今回は、インテリアの選び方で迷わないために、選び方や配置のコツ・注意点について、まとめました。

  1. インテリアを揃(そろ)える前にチェックすることは何?
  2. インテリアにはどんなスタイルがあるの?
  3. 具体的にインテリアを選ぶポイントを解説
  4. インテリアの上手な配置の仕方はこうする
  5. インテリア選びで注意するポイントは何?
  6. まとめ

この記事をむことで、インテリア選びで失敗しないようになりますよ。

1.インテリアを揃(そろ)える前にチェックすることは何?

今すぐにでも、インテリアを購入したい気持ちもわかります。
しかし、失敗を避けるためにも、実際にインテリアを揃(そろ)える前にチェックするべきことを学んでおきましょう。

1-1.大まかな予算を決めておくこと

お金に糸目をつけなくて良いのなら、問題はありません。
ただし、インテリア購入には大まかにでも予算を決めておくと良いでしょう。
良いインテリアや家具は、思ったよりも値が張るものです。
全体でこの金額までで収める、と予算を立てておきましょう。

1-2.絶対に必要なインテリアや家具をリスト化すること

予算を決めたら、絶対に必要なインテリアや家具をリスト化しておきましょう。
現在使用している物をそのまま流用するのか、新しく購入するのか、ここできちんと確認をし、必要な物を書き出すのです。
この作業をすると、無駄な物を買わなくて済むでしょう。

1-3.部屋のサイズを正確に把握すること

インテリアを購入する前に忘れてはならないのが、部屋のサイズを正確に把握することです。
正確な部屋のサイズがわからなければ、そこにぴったり配置できるサイズのインテリアを選びようがありません。
部屋の広さと、インテリアのサイズ感が合わなかったり家具が入らなかったりすることがないようにしましょう。

2. インテリアにはどんなスタイルがあるの?

インテリアのスタイルにも、さまざまなタイプが存在します。
今回は、主に人気があるスタイルを数種類取り上げてみましょう。

2-1.ナチュラルスタイル

ベージュやアイボリーなどの明るい色調で、木製の家具などを基調としたスタイルです。
明るい部屋の雰囲気を好むのなら、ナチュラルスタイルを検討すると良いでしょう。

2-2.カントリースタイル

カントリースタイルは、ナチュラルスタイルの要素もある、欧米の農家風をイメージしたシンプルなインテリアスタイルです。
無垢(むく)の木目調家具や、手作りの風合いが感じられるインテリアを揃(そろ)えると良いでしょう。

2-3.モダンスタイル

モダンスタイルは、モノトーンの色調のインテリアが主になります。
デザインはシンプルかつ、直線的な物が多いですが、高級感があるのも特徴でしょう。

2-4.エレガンススタイル

エレガンススタイルは、上品で優雅な雰囲気を目指したインテリアスタイルです。
上質な素材だけど、デザインはごくシンプルな物を選ぶと良いでしょう。

2-5.北欧スタイル

今、人気が高いのが北欧スタイルです。
家具の色目がナチュラルなことと、デザインに凝っていることが特徴の北欧スタイルは、洗練された空間の実現にはぴったりでしょう。

2-6.アジアンスタイル

まるで南国のリゾートにいるような、情緒豊かなインテリアスタイルとなります。
アジアンテイスト専門のインテリア店も出るほどですから、人気の高いスタイルと言えるでしょう。

2-7.和風スタイル

和だんすなど、和の要素をふんだんに取り入れたスタイルですね。
古民家調の落ち着いた家具やインテリアも、最近人気が高まっていると言えるでしょう。

3.具体的にインテリアを選ぶポイントを解説

それでは、具体的にインテリアを選ぶポイントについて見ていきましょう。
選び方しだいで、すてきなコーディネイトができるか、長く楽しめるかどうかかかわりますから、重要ですよ。

3-1.自分が好きと感じるインテリアを選ぶこと

一見して、自分が好きと感じるインテリアを選びましょう。
見た瞬間に、このインテリアは好きだ、と思えるのは大切なことです。
反対に、何だかわからないけどあまり好きではないと感じた物は避けましょう。

3-2. テイストが合わないインテリアや家具は避けること

単体では気に入っても、ほかのインテリアや家具と合わないのはいけません。
テイストが合わないインテリアや家具は、購入後の後悔の大きな原因になります。
ほかの物との調和を考えて、必要な物だけを選ぶようにしましょう。

3-3. 耐久性もきちんと考えて選ぶこと

インテリアは見た目重視で選びがちですが、耐久性もきちんと考えるべきでしょう。
せっかく購入しても、あまり日数がたたないうちに壊れてしまっては、泣くに泣けません。
特に大型の家具に関しては、耐久性も考えて選ぶことが大切ですよ。

4.インテリアの上手な配置の仕方はこうする

せっかくすてきなインテリアや家具を選んでも、配置の仕方が悪ければ台無しです。
ここでは、上手なインテリアの配置を学びましょう。

4-1.電化製品の配置はコンセントや配線の位置を重視

電化製品の配置は、コンセントや配線の位置を確認して、無理のない位置に配置できるようにしましょう。
延長コードを使用するのも良いのですが、見た目があまりよくありません。
場合によっては、ほかのインテリアが台無しになってしまいますから、やはりコンセントや配線重視で配置したほうが良いでしょう。

4-2.日当たりや風通しを考慮して大きな家具を配置

家具の配置によっては、日当たりや風通しを悪くする可能性もあります。
特に大きなサイズの家具は、日当たりや風通しの影響を考えて、配置したが良いでしょう。
また、色あせが気になるインテリアや家具に関しても、窓からの日差しが届かないところに置くなど、考えると良いですよ。

4-3.人が通るときの動線を確認して配置を調整する

インテリアや家具を配置し終わったときに、実際に人がスムーズに動くことができるか、という点は重要です。
きれいに配置できた、と思っても、暮らしたときに実際に動きにくいのはいただけません。
実際に生活する際の動線を考えて、インテリアや家具の配置を決めましょう。

5.インテリア選びで注意するポイントは何?

インテリア選びの際には、いくつか注意するポイントがあります。
どんな点に注意して選んでいけば良いのか、ひとつずつ確認していきましょう。

5-1.部屋の広さに応じたサイズのインテリアを選ぶこと

いくら自分が気に入ったインテリアでも、部屋の広さに合っていないのはいただけません。
よほど広い部屋なら良いのですが、たとえば一人暮らしの場合はそれほど大きな家具やインテリアを配置する余裕がないのが現状でしょう。
せっかく購入しても、いざ部屋に置いてみたら、ほかのインテリアが配置できなくなってしまった、なんてことは避けたいところです。

5-2.最も重視する家具をメインにして選んでいくこと

インテリアを選ぶ際には、最も重視する家具をメインにして、選びましょう。
たとえば、テーブルにこだわりたいのなら、最初にテーブルを決めます。
後は、そのテーブルに合うインテリアや家具を、少しずつ選んでいけば良いでしょう。
このとき、あせってすべてのインテリアを選ばなくても構いません。
少しずつ、自分が納得の行く物のだけを、メインの家具に合わせて選べば良いですよ。

5-3.価格が安くても飛びつかないこと

決算セールなど、インテリアや家具の価格が普段よりも大幅に安くなる時期が、1年に何回かやってきます。
このようなセールが開催されている時期に、ちょうどインテリアを揃(そろ)えたいと考えているとしたら、とても好都合でしょう。
ただし、価格が安いから、という理由だけで飛びついてはいけません。
ほかのインテリアと合わなかったり、あまり自分の好みではなかったりと、後から考えると結局は損をすることもありますよ。

6.まとめ

今回はインテリアの選び方について、失敗しないための注意点やコツをご紹介してきました。
ここで、まとめておきましょう。

  • 部屋の広さを調べて必要なインテリアをリストアップ
  • 選び方や配置の注意点を頭に入れておくことも大切
  • 好みのスタイルに合ったインテリアや家具を予算に応じて選ぶ

さあ、もうインテリアの選び方で不安はありませんよね。
インテリア選びの際には、ぜひこの記事をお役立てください。


新築注文住宅のはっぴいハウス