日当たりが悪い部屋を何とかしたい!明るくするための対策と方法は


部屋の日当たりが悪い、できたらリビングを明るくしたい。でも、どんな対策をすればいいのかわからない。そんな方のために、耳寄りな情報をお届けします。暗いお部屋も、工夫しだいで明るくすることは可能です。明るい部屋は、心も明るく健康にしてくれます。ぜひ、トライしてみてください。

  1. 部屋は明るくしたい
  2. 部屋が暗くなる原因
  3. 部屋を明るくする方法
  4. 日当たりをめぐるトラブル
  5. まとめ

1.部屋は明るくしたい

日本は、地球の北半球にあります。ですから、日当たりがいい部屋は南向き。最も日当たりが期待できる方向です。
東向きだと午前中は直射日光が得られます。朝は、すがすがしい光が入ってきて、快適な寝覚めになるでしょう。西向きは、午後から夕方にかけて日当たりが期待できます。夏の日の西日は強烈。でも、夕日を見るのが好きだという方が多いのも確かです。ひと言で日当たりがいいといっても、理想とするのは人それぞれでしょう。
しかし、北向きの部屋だと、直射日光によって明るさを確保するのは、ほとんど無理。南向きの部屋に比べて、暗くなってしまいます。しかも、冬になると寒い!おまけに、ジメジメした部屋になり、カビが生えたりすることも。
ライフスタイルの変化で、明るい部屋が一番という方ばかりではなくなりました。むしろ、明るくない方が落ちつくという方も多くいます。
でも、健康や衛生のことを考えると、やはり、太陽光が入り明るい部屋にしたいものです。特に、子育て世代のご家族には、子供部屋やリビングを明るくすることをおすすめします。

2.部屋が暗くなる原因

部屋が暗くなる原因は、いうまでもなく日当たりが悪いからです。原因は、次のようなことが考えられます。

  • 部屋の向きが悪い(北向きなど)。
  • 日が当たる方向に開口部(窓)がないか、窓が小さい。
  • 隣の建物と近接している。
  • 前面にある道路が狭い。
  • 前に高い建物がある。
  • 軒や庇(ひさし)、上の階にあるベランダが光を遮っている。

いずれにしても、そのままでは部屋が明るくなることはありません。明るくするためには、採光を確保するなど、何らかの対策が必要です。

3.部屋を明るくする方法

部屋が暗くなっている原因は、簡単にわかるでしょう。問題は、明るくするための方法です。次のような対策をしてはいかがでしょうか。きっと明るい部屋に生まれ変わるはずです。主に、戸建て住宅のリビングを想定しましたが、一部は、マンションでもできます。

3-1.窓を大きくするか、新たにつくる

リビングを始め、お部屋には窓があります。でも、窓が小さくて日当たりが悪くなっていませんか?そんなときには、窓を大きくしましょう。たとえば、リビングならば、窓をリビングの幅いっぱいに広げたり、天井の高さまで高くしたりする方法があります。見違えるほど、明るくなるはずです。あるいは、日が当たる方向が壁になっていたら、新しく窓をつくる方法もあります。
ただし、注意も必要です。
壁に手を加えることになるので、耐震性能が劣化する心配があります。また、工事のできばえによっては、水が浸入してきて住まいが傷んでしまうことも。ですから、必ず、建築構造の専門家やリフォームに実績がある会社に相談してください。

3-2.屋根にトップライトをつける

リビングの上が屋根の場合や吹き抜けがある場合には、屋根にガラス瓦などでトップライト(天窓)をつけると、直射日光を取り込むことができます。ただし、天井がある場合には、撤去が必要です。その分、費用は割高になります。構造・安全性に問題を生じる可能性もあるため、プロに相談しましょう。

3-3.ガラスブロックをつける

光を透過するガラス製品には、ガラスブロックもあります。
ガラスブロックとは、ガラスでつくられた中空の建築用ブロックのことです。採光に優れ、断熱・遮音効果が高い特徴があります。壁だけでなく屋根や床に使うことも可能。確実に部屋を明るくすることができます。建物の構造に影響しない範囲で取り付けてください。

3-4.太陽光採光システムを設置する

太陽光採光システムを設置してはいかがでしょうか。屋根に集光装置を取り付けて光を集めます。集めた光は、明るくしたい部屋に自由に導くことが可能です。自然の光を、人工的な装置で取り入れるアイデア製品といえます。
太陽光採光システムを使えば、たとえ2階建ての住宅であっても、1階部分の部屋を明るくすることも可能です。しかも、住宅の構造・安全に影響をするような工事もないので、安心感があります。
システムそのものは数10万円からあるようです。検討してみてはいかがでしょうか。

3-5.光の反射を利用する

直射日光が無理ならば、光の反射を利用する手もあります。たとえば、部屋の前にあるベランダや庭に白い砂や砂利を敷くと、光を反射して部屋を明るくすることが可能です。費用をかけずに、自分で手軽にできる方法なので、試してみる価値は十分あります。

3-6.内装・インテリアを工夫する

部屋の内装・インテリアを変えることで、お部屋を明るくしたり、明るいイメージにすることができます。部屋に直接、自然光を取り入れられないときには、ぜひ実践してみてください。

  • 壁は白色系統の色に:白い壁紙にすると、照明の光を反射し、明るい部屋になります。家具なども白色系統にすると、もっと効果的です。また、照明を壁に当てると、反射で明るくなります。
  • 窓の反対側に鏡を置く:窓から入ってくる光を反射し、まるで窓ができたように明るくなります。
  • カーテンではなくシェードに:カーテンのような重厚さはなく、布地を通して優しい光を部屋に取り込んでくれます。
  • 床にマットを敷く:リビングを始め、フローリングの部屋が増えてきました。色は茶系統がほとんどです。ところが、茶色だと光を反射しないので暗いイメージになりがち。フローリングの上に、茶色よりも明るい色のマットを敷くと、明るくなります。
  • サンキャッチャーをつける:クリスタルガラスなどでつくられた光のアクセサリー。太陽の光を小さな虹のように部屋の中に運び込んでくれます。直射日光が当たる場所でないと効果的でないことと、大きな採光ができないのが難点。でも、光のインテリアとして利用できます。

4.日当たりをめぐるトラブル

日本で、日当たりが全くない住宅というのは、ないといっていいでしょう。問題は当たり方や当たる時間。かつては、日当たりをめぐってさまざまなトラブルがありました。裁判になった例は数え切れないほどです。
今日でもトラブルは多くあります。でも、かつてと異なるのは、日照権が認められていることです。日照権とは、わかりやすくいうと、建築物の日当たりを確保する権利のこと。1日のうちで、最低でも何時間かの日照時間が得られる権利があります。
具体的には、日影規制。各自治体で条例が定められています。保証される日照時間は、お住まいの地域ごとにさまざまです。冬至の日の午前8時から午後4時(北海道は午後3時まで)までの間に、最低でも2時間の日照時間は得られると理解しておくといいでしょう。
対策をしたので部屋が明るくなった。あるいは、もともと日当たりがいいので、何の問題もない。そんなお住まいでも、いつ日当たりの問題が発生するかわかりません。明日になったら、高層マンション計画がもちあがり、将来、日当たりが悪くなる心配だってあるのです。こうしたトラブルは全国で数え切れないほどあります。
そんなときに対応するためにも、日照権のことも理解しておいていただきたいものです。

5.まとめ

日当たりが悪い部屋を、自然の光で明るくするための対策や方法を中心に紹介しました。
明るくするための基本は、窓を大きくすること、日当たりがいい方向の壁に、新たに窓を設置することです。直接、太陽の光を採り入れたいときには、屋根から採光する方法もあります。さらに、手軽に部屋を明るくする方法も紹介しました。
採光をよくすることは、部屋を明るくしてくれるだけでなく、心も明るくしてくれます。上手に光を採り入れることで、心地よい暮らしを実現してください。


新築注文住宅のはっぴいハウス