【必見】家を建てるタイミングはいつがいい? 理想的な家のつくり方


家を建てることは一生に一度のビッグイベントです。人生の中で最も多額のお金を使うときでもあるため、慎重に考えて計画を立てていかなければなりません。家族の新しい生活の場となる家だからこそ、家を建てるタイミングや計画・準備をしっかり整えることが大切です。しかし、家を建てるタイミングはいつがいいのか、準備や計画で悩む方は多いでしょう。そこで、本記事では、家を建てるということについて、タイミング・計画・準備すべきこと・業者選びなど必要な内容を説明します。

  1. 家を建てるということ
  2. 家を建てる前に確認すべきこと
  3. 家を建てるタイミングについて
  4. 家を建てる大まかな流れ
  5. 家を建てる準備と計画について
  6. 家を建てる業者選び
  7. 家の建設にかんしてよくある質問

この記事を読むことで、理想的な家を建てるために必要な準備や計画の立て方がわかります。家を建てるタイミングや家の建設について知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

1.家を建てるということ

実際に家を建てる前に、家を建てることについてきちんと考えなければなりません。メリットやデメリット、賃貸との違いなど詳しく見ていきましょう。

1-1.家を建てるメリット・デメリット

まずは、なぜ家を建てたいのか目的を考えてみてください。家を建てるには、ある程度のお金がかかりますし、時間も必要です。また、住み替えが簡単にできません。一方、メリットは自分の家が手に入るという最大の安心感です。一生暮らしていける家が手に入るため、満足感も得られるでしょう。持ち家は家族の財産にもなり得るのです。

1-2.賃貸との違い

賃貸は、あくまでも家主・オーナーの持ちものであり、そこで生活している人の持ちものではありません。持ち家とは違い、資産にはならないのです。家主の許可なしで勝手にリフォームもできません。また、毎月家賃を支払わなければならないのも賃貸と持ち家の相違点です。持ち家はローンをすべて返済すれば、生活費や固定資産税の支払いなど必要な費用だけで暮らしていけます。

1-3.家の種類

家にも分譲・建て売り・注文住宅とさまざまな種類があります。分譲は建て売りと同じ意味です。土地と既存の家がセットになって販売されている家のことを指します。すでに家が建てられているため、すぐに引っ越しができるでしょう。また、費用が安く抑えられるのもメリットです。ただし、自由に間取りを決めることができないデメリットがあります。一方、注文住宅は最初から家を建てる方法です。土地探しから始め、理想的な家を建てます。そのため、間取りが自由に決められ、こだわりが反映できるのです。しかし、コストがかかるというデメリットがあります。

1-4.土地について

家を建てるためには、土地を購入しなければなりません。土地の購入と家の建築、2つの段階があります。土地を購入する前にいくら使うのか決めておくといいでしょう。家を建てるまでの全体的なスケジュールや資金計画の相談をしている会社もあるため、相談しながら土地を探すのも1つの方法です。

2.家を建てる前に確認すべきこと

お金のこと、家族の将来など家を建てる前にしっかり考えておかなければ後になって問題が出てきます。スムーズに家を建てるためにも、事前に確認すべきことを把握しておきましょう。

2-1.お金について

家の種類によって具体的な費用は異なりますが、およそ2500万~3500万円かかるのが一般的です。あくまで目安なのでもっと必要になる可能性は十分にあり得ます。土地の広さや家づくりのこだわりなど、さまざまな条件で費用は異なるのです。当初計画していた費用よりも数百万円足りなくなったというケースもよくあります。おそらく、ほとんどの家庭がローンを組むことになるでしょう。数十年、毎月一定額を支払わなければならないため、今の収入で生活できるのか確認が必要です。

2-2.家族について

家を建てるとなれば、その場所でずっと生活することになるでしょう。家族にとって居心地の良い場所になるか、きちんと考えて土地を選ばなければなりません。また、仕事場から離れる、学校の友達と離れ離れになるなど引っ越しのデメリットもあります。家族全員が納得できるのか、話し合いの場を設けてください。

2-3.家を建てた後のこと

家が完成した時点で終わりではありません。新しい生活は家を建てた後から始まります。住み始めてから不具合が発生する、周囲の環境がわかったりすることもあるため注意が必要です。家を建てた後の生活をイメージしてみてください。また、住んでから不具合を感じないためにも、施工者や設計者と良い関係を築くことが大切です。

2-4.家に求めるものや要望をまとめる

人それぞれ家に求めるものが異なります。家族全員、家に求めるものは何なのか、要望を聞いておきましょう。どのような生活をしたいのか楽しく話し合うことが大切です。ある程度、要望や優先順位を決めておけば、今後の間取りや部屋の設計が決まりやすくなるでしょう。

3.家を建てるタイミングについて

一体、いつ家を建てたらいいのか悩みますよね。楽しく新しい生活をスタートするためにも、家を建てるタイミングをチェックしておきましょう。

3-1.家を建てるのに適した年齢

「若いうちに家を建てたほうがいい」とよく耳にしますが、それにはローンの返済が関係しています。住宅ローンは30年~35年で返済するのが一般的です。30歳で建てた場合、ローンが完済するのは60歳~65歳になるでしょう。ちょうど退職して年金暮らしになる時期ですね。もし、40歳で建てた場合、完済するのは70歳~75歳のときでしょう。毎月返済し続けることができるのか不安です。ローンの返済期間を考えてみると、30代前半が家を建てる理想の年齢といえます。

3-2.こんなときがベスト!

結婚をして家族が増えたときやある程度貯金ができてきたときなど、タイミングは本当に人それぞれです。住宅ローンが組めても家を建てるには「頭金」が必要になります。頭金は100万以上~500万円がほとんどです。また、仕事が安定してきたころもベストでしょう。実際に、仕事が安定する30代半ばに家を建てる方が多い傾向が見られます。

3-3.季節

家を建てるのに適した季節はハッキリといえません。しかし、冬の時期に建てたほうがいいという声をよく耳にします。なぜなら、晴れの日が多く乾燥しやすいからです。木材が湿りにくいため、腐敗を防ぐことができます。また、冬場は大工さんたちの時間に余裕ができる時期です。細かい部分まで丁寧につくってくれるでしょう。

3-4.消費税10%の引き上げ

家を建てるタイミングとして気をつけておきたいのが、消費税率10%の引き上げ時期です。2017年4月1日に予定されていた消費税率10%の引き上げが、2019年10月まで再延期すると発表されました。消費税率が上がると家を建てる費用も高くなるため注意が必要です。節約したい方は消費税が上がる前に家づくりをスタートさせたほうがいいでしょう。

4.家を建てる大まかな流れ

家を建てる大まかな流れは以下のとおりです。

  1. 予算を決め、敷地を探す
  2. 住宅会社を探す
  3. プラン作成を依頼する
  4. 敷地調査を踏まえつつ要望を伝えプランを提出する
  5. 仮契約をした後に地盤調査
  6. 間取りなど詳細の打ち合わせ、見積もりを確認する
  7. 本契約をした後、住宅ローンの申し込み
  8. 建築確認申請の提出、最終仕様の決定
  9. 着工
  10. 完成・引き渡し

5.家を建てる準備と計画について

理想の家を建てるためには、入念な準備とスケジュール計画が大切です。きちんと準備と計画を立てるからこそ、順調に家を建てることができます。では、具体的な準備と計画の立て方について見ていきましょう。

5-1.どんな家がいいのかイメージする

最初は簡単なラフデザインでもいいので、どんな家がいいのかイメージしましょう。和風または洋風どちらにするのか、どんなリビングやキッチンにしたいのか大まかなイメージで結構です。実は、イメージがとても大切なポイントでもあります。住宅会社との打ち合わせで、大まかなイメージからより具体的なデザインへ変わっていくのです。

5-2.デザイン選び

ある程度イメージができれば、家のデザインも決めやすくなるでしょう。特に、家の外観は印象が決まる大切な部分です。和風・和モダン・洋風・シンプル・洋モダン・和洋折衷・欧米スタイル・北欧スタイルなどデザインもたくさんあります。なかなか決められない人は、住宅会社のホームページなどで施工事例をチェックしてみるといいでしょう。家の雑誌や周囲にある一軒家を観察するなど、いろいろなデザインを見てみてください。

5-3.工法選び

一戸建ての工法は、木造軸組在来工法・木造枠組壁式工法(ツーバイフォー工法)・鉄筋コンクリート工法・鉄骨組工法の4種類があります。それぞれの特徴を以下にまとめてみました。

  • 木造軸組在来工法:日本古来の伝統的な工法。木の柱と梁で骨組みを組み、筋交いという斜めの材木で耐震性を高める
  • 木造枠組壁式工法(ツーバイフォー工法):木の間柱と合板などの板材で壁をつくり、建物を壁で支える工法。北欧や北米などで使われており、施工ミスが少ない
  • 鉄筋コンクリート工法:鉄筋の棒を網目状に組み、まわりを板材で囲いコンクリートを流しこむ工法。防音性能に優れ、強固な構造になる
  • 鉄骨組工法:鉄の柱や梁で骨組みをつくる工法。大空間や大きな窓をつけることができ、自由度が高い

5-4.間取り

理想的な間取りをつくるには、いろいろな家を見学することが1番です。リビング・キッチン・バスルーム・洗面所・子どもたちの部屋・寝室など自分の目で確かめ触れてみてください。お気に入りのものが見つかったら参考にするといいでしょう。また、間取りを考えるときは日当たりや風のとおり道も考慮する必要があります。

5-5.資金計画

全体的にどのくらいお金がかかるのか、どこにいくらかかるのか自分たちだけではわかりませんよね。予算内で家を建てるためにも、資金計画を立てる必要があります。住宅会社の中には資金計画のアドバイスをおこなっているところがあるので相談してみてください。また、住宅ローンを組む融資窓口でも相談可能です。プロからのアドバイスは大きな安心感につながります。

6.家を建てる業者選び

イメージどおりの家を建てられるかは、業者の腕にかかっています。家づくりは業者選びが大切なポイントです。まずは、業者の種類を知り、それぞれの特徴を把握してください。

6-1.業者の種類

工務店・ハウスメーカー・建築家の3つのどれかに依頼することになるでしょう。それぞれきちんと違いがあるのでしっかりチェックすることが大切です。

6-1-1.工務店

工務店の特徴は、仕様やプランに制限がないことです。そのため、施主のこだわりを反映しやすいでしょう。また、地域に密着した会社が多いのも特徴的です。気候風土・交通情報・土地の慣習を知りつくしているところもあるため、きめ細かい対応が期待できるでしょう。ただし、経営状況が悪いところはプランの乏しさが目立ちます。工務店を選ぶ場合は、スタッフの対応や実績を重視してください。

6-1-2.ハウスメーカー

ハウスメーカーの特徴は規模の大きさです。設計から施工まですべてを一貫しておこないます。保証内容が充実している安心感はありますが、設計が限られいる、施主の機能がオプションとして追加されるなど費用がかさむ可能性があるのです。オプションが増えるほど、トータルコストがかさみます。また、プランの話し合いが営業相手になるため、こだわりや要望が反映できません。直接担当者と話す機会の多い工務店と比べると、大きなデメリットといえるでしょう。

6-1-3.建築家

建築家に依頼する場合、デザインにこだわることができます。話し合いをしながら建築家が間取りなどのデザインを提案してくれるため、住み心地は抜群です。より施主の立場に近い目線でプランが立てられるでしょう。しかし、施工の都合を優先した仕上がりになったり、コストが高かったりとデメリットもあります。

6-2.情報の探し方

情報収集はステキな家づくりの近道です。住宅会社に任せきりにする方は多いでしょう。しかし、そのままでは理想とは違う家ができてしまいます。自分でデザインや間取りなどの情報を探し、どんどん家づくりに参加していきましょう。情報の探し方はインターネットや雑誌などさまざまです。実際に家を建てた人から直接話を聞いてみるのもいいでしょう。

6-3.モデルハウスや見学会

担当した家の見学会などを積極的に開催している工務店があります。実際の家を見ることで、家づくりの実態がわかるものです。山田工務店のはっぴいハウスでは、家一件を丸ごと展示したショールームもご用意しておりますので、ぜひご家族と一緒にご覧ください。

6-4.注意点

家づくりに大切なのは、住宅会社の担当者とおこなう打ち合わせです。何回か打ち合わせを重ねながら細かいプランを立てていきます。そのため、担当者と性格が合わない場合はなかなかすすみません。住宅会社を選ぶときは担当者と意気投合できるかも大切なポイントですよ。要望をきちんと受け入れつつも、より良いプランを提案してくれるかチェックしましょう。

7.家の建設にかんしてよくある質問

家の建築にかんしてよくある質問を5つピックアップしてみました。

7-1.家を建てると税金がかかるのは本当か?

家を建てるときにだけかかる税金「不動産所得税」や建てた後もかかる「固定資産税」「都市計画税」があります。後者の2つは毎年ずっと支払わなければなりません。ただし、3年ごとに土地と家屋の評価が変わるため、税額が変化します。

7-2.家を建てるためのノウハウがわかるおすすめの本が知りたい

理想の家を建てるための情報は、本からでも入手できます。そこで、おすすめしたいのが、「家づくりのすべてがスラスラわかる本 2016」です。土地・建物・資金計画など家づくりが初めての方でもわかりやすい内容でしょう。家づくりに対する心構えができる「家づくりの教科書」もおすすめです。

7-3.優良業者を選ぶポイントとは?

こだわりの木材を使いながらもコストダウンの努力をしている業者は安心して依頼できます。また、ホームページに家づくりについて詳しく記載されているか確認してみてください。よりわかりやすい説明で丁寧な対応を心がけているスタッフがいる業者は安心です。

7-4.業者とよくあるトラブルとは?

うまく意思疎通ができなかったせいで、自分の理想とは異なる家に仕上がるトラブルをよく耳にします。また、施工後に不具合が起きたり、問題が出てきたりとさまざまです。悪徳業者は問題点が起きても対処してくれません。逆に、お金を払わなければ直さないと主張するところもあるのです。悪徳業者に引っかからないためにも、契約前にきちんと対応を確認しておきましょう。また、イメージの相違を防ぐためにも、要望はしっかり伝えてください。

7-5.実際に手がけた家を見せてもらうことはできるのか?

はっぴいハウスでは要望にお応えし、現場見学会を実施しています。実際に引き渡しをおこなう建物を会場としているため、構造やつくりなど細かいところまでご覧ください。完成現場見学会は毎月開催しています。

まとめ

いかがでしたか? 家を建てるためには、土地探しや間取りなどやるべきことがたくさんあります。特に、資金計画が大切です。建て売り・注文住宅どちらにせよ、大金が必要でしょう。家を建てたいけれどタイミングで悩んでいる方は、貯金額や収入、将来のことをしっかり考えたうえで決めてください。住宅ローンを組む場合でも返済できる金額か確認が必要です。資金計画は住宅会社でも相談を受けつけています。素人ではわからないことでも住宅会社なら適切なアドバイスをしてくれるでしょう。1度相談してみてください。ある程度、家づくりにかんする知識を習得しておけば、スムーズに準備・計画が立てることができます。何よりも知識や情報収集が大きなポイントになるでしょう。


新築注文住宅のはっぴいハウス