【注目】マイホームはキッチンの設計が命! 新築で理想を叶えよう!


キレイで使いやすいキッチンは、主婦のあこがれです。せっかくのマイホームもキッチンしだいで満足度が大きく変わります。しかし、理想のキッチンを作るためには、種類・レイアウト・選び方など、細かく決める必要があるのです。さらに、センスがよくて信頼できる業者に依頼することも大きなポイントとなります。そこで、今回は、マイホームのキッチンについて詳しく解説しましょう。

  1. マイホームにおけるキッチンの基礎知識
  2. マイホームのキッチンの種類について
  3. 理想のキッチンの作り方:レイアウト編
  4. 理想のキッチンの作り方:選び方編
  5. マイホームのキッチンに関するアドバイス
  6. マイホームのキッチンでよくある質問

この記事を読むことで、マイホームのキッチンの基本が身につき、適切な設計・レイアウトを選ぶことができます。まずは、じっくり読んで参考にしてください。

1.マイホームにおけるキッチンの基礎知識

最初に、マイホームにおけるキッチンの基礎知識を解説します。役割や重要性・最近の傾向について学びましょう。

1-1.マイホームにおけるキッチンの役割は?

マイホームにおけるキッチンは、家族のための食事を用意する役割があります。健康は、毎日の食事が基本であり、マイホームのキッチンは大きな役割を持っているのです。使いやすいキッチンは、調理する人の負担を少なくし、作業効率を上げてくれます。

1-2.キッチンの重要性を確認しよう

キッチンは、毎日の食事を作るだけでなく、家族とのコミュニケーションを図る場でもあるのです。ゆとりがあり、清潔で使いやすいキッチンがある家庭は、大きな問題もなく家族の仲も良好に保ちやすくなります。また、主婦はキッチンで多くの時間を過ごすため、キッチンが使いやすいかどうかでストレスに違いが出るでしょう。

1-3.キッチンの最近の傾向について

キッチンも、時代に合わせてどんどん進化するものです。最近では、キッチンにもインテリア性を求める傾向があります。キッチンメーカーも、老舗から新規参入まで、さまざまに存在し、好みのデザインやレイアウトのものを選びやすくなっているのも特徴です。それぞれの家庭のライフスタイルや目的に合わせ、見た目のよさと高い機能性を併せ持ったものが好まれています。

2.マイホームのキッチンの種類について

マイホームのキッチンの種類について詳しく解説します。多くの種類から、理想のものを選ぶための参考にしてください。

2-1.キッチンのサイズを確認しよう

まずは、キッチンのサイズを確認することが大切です。理想のキッチンがあってもサイズが合わないために施工不可となるケースもあります。お気に入りの種類があるときは、業者に確認して実現可能かどうか調べてもらいましょう。なお、セミオーダーもしくはオーダーをすれば、思いどおりのサイズにすることもできます。

2-2.施工で分類した場合の種類

キッチンの種類を施工で分類した場合、システムキッチンとオリジナル施工に大きく分けることができます。それぞれのメリット・デメリットを併せてご覧ください。

2-2-1.システムキッチン

システムキッチンは、流し台・コンロ・調理台・収納などが一体型になっているタイプになります。すべての設備は、「ワークトップ」と呼ばれる板でつながっており、スッキリとしたデザインになっていることが特徴です。システムキッチンは、コストパフォーマンスがいい点でも高い人気を誇っています。

  • メリット:デザインに統一性がある・機能性が高い・コストパフォーマンスに優れる
  • デメリット:オリジナル性を追求しにくい

2-2-2.オリジナル施工

オリジナル施工は、キッチンのデザインやレイアウト・設備などを自分の思いどおりに仕上げるものです。こだわりを追求したい場合や、キッチンスペースの広さや条件に合わせて細かな設計をしてほしい場合に向きます。オリジナル施工は、業者のセンスと腕が反映しやすいのも特徴です。

  • メリット:思いどおりのデザインやレイアウトを反映できる
  • デメリット:お金がかかる・業者のセンスによって仕上がりに差が出やすい

2-3.キッチンレイアウトの主な種類

キッチンレイアウトの主な種類について、独立型・対面型・壁付け型の3タイプを解説します。

2-3-1.独立型

独立型キッチンとは、キッチンスペースとリビングが壁で仕切られ、完全に分かれているタイプです。家電や食材、食器など関連するものをすべて配置することで、集中して調理に取り組むことができます。

  • メリット:調理に集中しやすい・においや煙などがリビングに影響しない
  • デメリット:作業動線を確保するためには広い空間が必要・換気に気を配る必要がある

2-3-2.対面型

いわゆる「カウンターキッチン」と呼ばれるタイプです。リビングの方向を向きながら調理するスタイルとなり、家族の様子をうかがうことができます。対面型キッチンと隣接してテーブルを設置することで、調理後すぐに料理を出したり片づけたりしやすいことも特徴です。

  • メリット:家族との時間を共有しやすい・家族の様子が見えるので安心感がある
  • デメリット:生活感が出やすい・来客時にキッチンが丸見えになる

2-3-3.壁付け型

壁付け型とは、キッチンの配置を壁に沿って行うタイプです。壁がある方角に向かって調理することになります。昔ながらのレイアウトタイプであり、限られた空間を生かすことができるのでキッチンを広く使うことが可能です。

  • メリット:狭い空間を有効に使える・窓から光を取り入れやすい
  • デメリット:家族とコミュニケーションしにくい・家電などの配置に工夫が必要

2-4.そのほかのキッチンレイアウト

そのほかのキッチンレイアウトも、メリット・デメリットを併せて解説します。

2-4-1.アイランド型

アイランド型は、流し台やコンロなどキッチンの構成部品の一部を切り離して島型に配置するタイプです。キッチンで複数人が作業しやすく、料理教室などを開く場合にも適しています。広いスペースを確保できる場合や、スタイリッシュさを求める場合におすすめです。

  • メリット:デザイン性に優れる・多人数で作業しやすい・空間を広々と使うことができる
  • デメリット:調理中のにおいや煙が気になる・価格が高い

2-4-2.ペニンシュラ型

ペニンシュラ型とは、キッチンの左右いずれかが壁に接している形です。見た目が半島のように見えることから、ペニンシュラ型と呼ばれます。調理中もリビングにいる家族の様子をうかがうことが可能です。また、動線が短いので調理の効率が上がります。

  • メリット:コンパクトなキッチンにまとめることができる・家族の様子をうかがいながら調理できる
  • デメリット:調理中のにおいや煙が気になる

2-4-3.L型

キッチンをひとつのコーナーに沿って配置し、上部から見るとL型に見えるスタイルです。現在のスペースを有効活用しやすく、狭いキッチンにも対応できます。限られた空間であっても適切な動線を確保したい場合におすすめの形です。

  • メリット:調理中の移動を少なくできる・広い作業スペースを確保しやすい
  • デメリット:コーナー部分がデッドスペースになりやすい

2-4-4.U型

U型キッチンは、上から見るとアルファベットのUの字に似ているレイアウトのタイプです。キッチンに立ったとき、前・後ろ・左右のどちらかの3辺に調理器具や収納・作業スペースを配置できるため、効率よく調理できます。

  • メリット:作業効率がいい・収納や作業スペースを確保しやすい
  • デメリット:コーナーを2つ必要とするため広いスペースが必要

3.理想のキッチンの作り方:レイアウト編

理想のキッチンを考えるとき、レイアウトは重要なポイントです。工事の予算や決定するためのポイントなどを解説します。

3-1.マイホームのキッチンの予算について

理想のキッチンにするためにはお金がかかります。キッチンの予算について、解説しましょう。

3-1-1.オーダーキッチンかシステムキッチンか

自分のこだわりを追求するためには、オーダーキッチンに勝るものはありません。しかし、ひとつずつパーツを組み合わせていくため、システムキッチンよりも予算が多くなりやすいのがデメリットです。システムキッチンは、最初からデザインが決まっているため、オリジナル性はなくても、コストパフォーマンスに優れています。

3-1-2.オリジナルデザインにするか

キッチンでオリジナルデザインを取り入れたい場合は、予算を上乗せする必要があります。デザイナーに依頼する場合でも自分でアイデアを出す場合でも、実際に形にするまでには人の手も時間もかかるからです。なお、後日DIYでオリジナルデザインを取り入れることもできます。予算と照らし合わせてうまくアレンジしてみてください。

3-2.キッチンのレイアウトを決定するポイント

キッチンのレイアウトを決定するためには、以下のポイントを参考にしてください。

3-2-1.家族構成とライフスタイルを重視しよう

家族構成やライフスタイルは、キッチンのレイアウトを考えるときに重要な意味を持ちます。親子のだんらんを重視する場合は、家族が自然と集まりやすいレイアウトを考えましょう。たとえば、対面式のキッチンは、料理中でも家族の様子が分かるので安心です。子どもが小さくて目が離せない時期や、リビングで学習させたい場合にもおすすめします。また、高齢者がいる場合は、安全を第一にレイアウトを考えるのもいいでしょう。バリアフリーなど、安全性の高いレイアウトを検討しましょう。

3-2-2.動線と間取りを考えよう

毎日の家事を楽にこなすためには、動線を考える必要があります。通路を広めに取り、調理の順番に添ったレイアウトは使いやすいキッチンになることでしょう。単にデザインや色が好みであるという点だけで選ぶと後悔します。実際に使う状況を想像し、動線と間取りをベストの状態に持っていきましょう。動くたびに体が何かしらにぶつかるようでは困ります。

3-2-3.使い方や目的も考えよう

キッチンも使い方や目的によって、適するレイアウトが異なります。明確な目的がある場合は、目的に合わせたレイアウトを選んでください。たとえば、家族みんなで一緒に調理をしたい・料理教室を開きたいというのなら、アイランド型など独立型のキッチンがおすすめです。独立型のキッチンは、大人数が周囲を囲みやすいので作業しやすいことでしょう。

4.理想のキッチンの作り方:選び方編

理想のキッチンを作るためには、現状の不満点を理解し、使いやすいキッチンにするために必要なことを把握することが大切です。さらに選び方のポイントも解説するので参考にしてください。

4-1.現状のキッチンで使いにくい部分を書き出そう

現在使用しているキッチンに対し、何が不満で使いにくいのか具体的に書き出してみましょう。以下は、主なチェックポイントとなります。

  • 広さ:狭すぎて動きにくくないか・家電などを置くスペースを確保できているか
  • 明るさ:昼も暗いなど、明るさに不満はないか
  • 動線:調理の際に無駄な動きが発生しないか
  • 収納:十分な収納量を確保できているか・使いにくくないか
  • 設備:調理や片づけで必要な設備が不足していないか
  • デザイン:好みや家族のライフスタイルに合っているか

4-2.便利で使いやすいキッチンにするための選び方

便利で使いやすいキッチンにするためには、主に以下のポイントを重視して選ぶといいでしょう。

4-2-1.収納は十分か・使いやすいか

キッチンには、多くのものが存在します。調理家電(電子レンジや炊飯器など)・調理器具・食器類・食器類・ストック食材など、想像以上の物量です。キレイでスッキリとしたキッチンを保つためにも、収納は十分に確保する必要があります。また、使いやすいことも重要です。手が届く範囲に適切な量の収納を確保できることを特に重視してください。

4-2-2.素材はどうか

キッチンの素材も確認してください。キッチンは何かと汚れやすいため、掃除やメンテナンスがしやすいことを確認しておきましょう。掃除やメンテナンスがしにくいキッチンは、カビや雑菌の温床となり、食中毒やアレルギーなどの原因になります。また、害虫の発生も心配です。いつでもキレイに保ちやすい素材を選びましょう。

4-2-3.付属設備の内容

キッチンを構成する付属設備の内容もきちんとチェックしておきましょう。どんな設備があると理想のキッチンになるのか考えてみてください。

  • コンロ:熱源はガスか電気か・数はいくつ必要か
  • 換気扇:換気扇の位置や性能はどうか
  • 食洗機:ビルトインタイプか・別途導入するべきか
  • オーブン:ビルトインタイプか・別途導入するべきか

5.マイホームのキッチンに関するアドバイス

マイホームのキッチンで理想の状態に近づけるためには、さまざまなアドバイスがあります。ここでは、キッチンメーカーの知識や業者選びのポイントなどを解説しましょう。

5-1.キッチンメーカーについて

さまざまなキッチンメーカーの特徴を比較するためには、ショールームに足を運ぶのがいい方法です。ショールームでは、最新のキッチンシステムを実際に目にすることができます。また、商品に詳しいスタッフに質問ができるのもメリットです。よく分からない点は、積極的に質問してください。できるだけ多くのキッチンメーカーを比較し、理想のイメージを固めることをおすすめします。

5-2.業者選びのポイントを学ぼう

マイホームのキッチンの施工は、信頼できる業者を選んで依頼しましょう。具体的には、以下のポイントを参考にしてください。

  • キッチンの施工で豊富な実績がある
  • センスのいいデザインを提案している
  • 実際の施工例を多く提示してくれる
  • オーダー・セミオーダーに応じてくれる
  • 質問に対する回答が素早くて的確
  • 見積もりを無料で行っている
  • 工事費用がリーズナブル
  • 希望の工期を最優先してくれる
  • 担当者の感じがよく相談しやすい雰囲気がある
  • 顧客からの信頼が厚い

なお、業者ごとに特定のメーカーとの付き合いが深いことが多くなります。業者がすすめてくるメーカーに決定すれば価格を抑えることも可能です。もしも、工事費用を安く抑えたいのなら、お気に入りのメーカーの代理店など、付き合いが深い業者を選ぶといいでしょう。当、はっぴいハウスでも、キッチンの施工で数多くの実績があります。お客様の立場になって理想のキッチンを追求するためのお手伝いをしていますからぜひご相談ください。

5-3.システム収納に頼りすぎないこともポイント

システム収納に頼りすぎないことも、理想のキッチンを作るときのコツです。キッチンには、収納が付いています。最近では、大容量の収納が特徴のものも増えてきました。しかし、選んだレイアウトによっては元からあるものだけでは不満が残るケースもあることでしょう。収納の不満は、パントリーの設置や市販の収納グッズを活用することで解決できます。つっぱり棒と板を利用して簡易棚を作るなど、キッチンのデッドスペースをうまく利用し、収納を増やしてみましょう。

5-4.マイホームのキッチンに関するそのほかのポイント

理想のキッチンを実現するためには、以下の部分もチェックしておきましょう。

  • ゴミ箱の位置:生ゴミなどの調理ゴミが発生したときに捨てやすい位置にあるか
  • 勝手口:勝手口との位置関係はどうか(ゴミ出しをしやすいか)
  • コンセントの位置:家電を設置したときに電源に困らないか

6.マイホームのキッチンでよくある質問

最後に、マイホームのキッチンでよくある質問に回答します。失敗しないためにも、それぞれの内容を確認しておきましょう。

Q.海外製のキッチンを購入し、業者に取り付けだけを依頼する場合の注意点は?
A.海外製のキッチンで、気に入ったデザインのものを購入した場合、取り付けについては、業者とよく相談することが大切です。新築物件のキッチンスペースに合わないのでは、購入したものが無駄になります。気に入ったものを見つけたときは、購入前に相談したほうがいいでしょう。

Q.マイホームのキッチンの実例をうまく収集する方法は?
A.キッチンメーカーのショールームを見学するほかに、業者の施工事例を見せてもらうことをおすすめします。実績が豊富な業者なら、今までの実例を多く持っているはずです。たくさんの実例を見ているうちに、理想のキッチンのイメージが固まってくることでしょう。業者にとっても、理想のイメージに近いものを見つけてもらえると工事がやりやすくなるメリットもあります。

Q.小さな子どもがいる家庭のキッチンで注意するべき点は?
A.小さな子どもがいる場合は、キッチンスペースでの事故やケガに細心の注意を払いましょう。子ども目線で危険な部分はないか確認してください。また、キッチンに入ってこないようにリビングとの境界に柵(さく)を作るのもひとつの方法です。しかし、アイランド型のキッチンなどレイアウトによっては、柵(さく)を取り付けるのは困難であり、見た目の問題もあります。

Q.対面型キッチンでにおいや煙の問題を解決するには?
A.対面型のキッチンで調理中のにおいや煙がリビングに流れないようにするためには、レンジフードの位置をコンロの真上に配置する・換気扇を増やすなどの対策をしましょう。また、調理後も生ゴミを早めに処分し、キッチン周辺を常に清潔に保つことで嫌なにおいの発生を防ぐことができます。

Q.システムキッチンの一部だけオリジナル施工することは可能ですか?
A.システムキッチンは、トータルで優れた機能とデザイン性を確保できる設計になっています。従って、一部だけを変更することは難しいのです。ただし、後付けで調理機器をプラスすることが可能な場合もあります。システムキッチンのオプション仕様によって希望を取り入れることができるか確認してみましょう。

まとめ

今回は、マイホームのキッチンについて詳しく解説しました。キッチンは、家族の健康を守るためにも大切な場所です。美しさだけでなく、機能性を十分に考えて最適なレイアウトを選びましょう。なお、キッチンの施工に関しては、経験豊富な業者に依頼することが大切です。キッチンスペースを最大限生かした理想のキッチン作りをサポートしてくれます。満足度の高いキッチンを手に入れるためにも、業者選びもしっかり行いましょう。


新築注文住宅のはっぴいハウス