子育ての悩みを軽減する間取りとは? 実例や業者の選び方も紹介!


子育てに最適な間取りについて知りたいと思いませんか? 子育て時期に新築で家を建てる予定がある場合、間取りの決め方には慎重になるべきです。子育て中にはさまざまな悩みが発生します。その悩みを少しでも軽くするために、家の間取りが大きなポイントになる場合もあるのです。子育て中にありがちな悩みを解決するための間取りとは、どのようなものなのでしょうか。この記事では、子育て中の間取りについてご紹介します。

  1. 子育て時期の間取りについて
  2. 子育て中の間取りを決める方法
  3. 子育て中の間取り、実例紹介
  4. 子育て中の家、建設業者の選び方
  5. 子育て中の間取りに関するよくある質問

子育て時期に家を建てる予定のある人は、ぜひこの記事を参考にしてください。子育てに適した間取りについて分かるはずです。

1.子育て時期の間取りについて

子育てと間取りの重要性や、理想の間取りについてご紹介します。

1-1.子育てと間取りの重要性

子育ては間取りで変わります。たとえば、親の目が届きにくい箇所が多い家では、小さな子どもが安全に過ごすことはできないでしょう。親は常に子どもから目を離すことができず「家事がなかなかすすまない」という事態を引き起こしてしまいます。しかし、常に子どもに目が届く間取りであれば、安心してほかのことをしながら子どものことを見守ることができるでしょう。子育てが格段に楽になるはずです。また、間取りは子どもの将来にも影響するといわれています。どのように家族とかかわり、どのように自分だけの空間を確保できるかは、子どもの将来を決める重要なポイントにもなるはずです。

1-2.子育て中に多い「家の悩み」

子育て時期の間取りを検討するにあたって、まずは子育て中に多い「家の悩み」について考えてみましょう。

  • 片づかない
  • ものが多い
  • 汚れやすい
  • 子どもに目が届かない

上記のような悩みを少しでも解消できる間取りとは、どのようなものなのでしょうか。

1-3.理想の間取りとは?

子育て時期の「理想の間取り」とは、以下のようなものです。

  • 子どもの成長に合わせて最適な使い方ができる
  • 増えるものや危険なものをしまうための十分な収納が確保できる
  • どこにいても子どもに目が届く
  • 子どもとコミュニケーションが取りやすい
  • 子どもが安全に過ごすことができる

1-4.子育て中に適さない間取りとは?

死角が多く子どもに目が届きにくい家、子どもがのびのびと遊べるスペースがない家などは、子育てに適しているとはいえません。また、収納スペースが少ないと部屋が散らかりがちになり、お母さんのストレスも増えてしまうでしょう。そのほかにも、「子どもが大きくなっても個室を与えられない」「洗濯物が増えたのに干す場所がない」などの間取りも、子どもがいる家庭にはおすすめできない間取りです。

2.子育て中の間取りを決める方法

子育てに適した間取りの決め方についてまとめました。

2-1.まずはどうするのか?

間取りを決める際には、まず「キッチン」や「リビング」「寝室」などパーツを書き出してみましょう。それぞれ家族の居場所ややりたいこと、部屋の用途などを決め、どうしたいかを考えてみてください。また、現在のことはもちろん、将来のことも考えた上で間取りを決めていきましょう。「成長したら個室を与えられるか?」「思春期に家族とコミュニケーションを取れるようにしたい」など、先のことも見据えて検討することが大切です。

2-2.間取りの組み立て方

次に、パーツごとに考えた間取りを組み立てていく必要があります。子どもが小さいうちは家で過ごすことが多くなるため、生活動線はもちろんのこと、家事動線もしっかり考えた上で組み立てていきましょう。子どもの様子を見ながら効率的に家事をするにはどのように間取りを組み立てたらよいのか、成長してからも子どもと顔を合わせられるようにするには玄関をどう配置したらよいのかなども重要です。

2-3.注意点

子どもが成長して1人の時間を欲しがるようになると、自分の部屋にひきこもってしまうことも考えられます。子ども部屋を2階にする場合は、玄関から直接2階に上がれるようにしてしまうのは心配です。2階に行くためにはリビングをとおる必要があるようにするなど、子どもと自然に顔を合わせる回数を増やすようにしておくことをおすすめします。

3.子育て中の間取り、実例紹介

子育て中に適した間取りの実例とポイントをご紹介します。

3-1.さまざまな実例とポイント

実例とそのポイントをまとめました。

3-1-1.オープンキッチンで子どもを見守りやすく

オープンキッチンにすることで親も子どももお互いの気配を感じながら過ごすことができる間取りにしました。ある程度成長してくると親子で一緒に料理や後片付けができるため、コミュニケーションの取りやすさも考えたのがポイントです。

3-1-2.リビングを吹き抜けにして2階の空間とつなぐ

リビングの上部を吹き抜けにすることで、2階の空間と自然とつながるようにしました。子ども部屋を出るとすぐ吹き抜けになっているため、個室にいてもお互いの気配を感じやすくなります。

3-1-3.リビングに子ども専用スペースを

子どもが小さいうちはリビングでのびのびと過ごすことができるように、リビングの一角に子ども専用のスペースを設置しました。そこだけは散らかしっぱなしにしておいてもOKということにしたため、親の片づけに対する負担も減らすことが可能です。

3-2.失敗から学ぶもの

完璧に考えたつもりの間取りでも、いざ住んでみると後悔することもあるでしょう。実際に生活を始めてみなければ分からないことはたくさんあります。そういった失敗例から学ぶことも大切なのです。たとえば、「動線を考えずに間取りを決めてしまった」「流行(はや)りに乗って先のことを考えなかった」などの失敗例は、インターネットなどでもたくさん紹介されています。そういったものも参考にして考えてみてください。

4.子育て中の家、建設業者の選び方

子育て中の家を建てるにあたって、建設業者の選び方をご紹介します。

4-1.業者選びのポイント

建設業者を選ぶ際のポイントは以下のとおりです。

  • 豊富な実績があるか
  • 提案力と技術力があるか
  • 施工例を見せてくれるか
  • 保証内容は充実しているか
  • スタッフの対応はよいか
  • 適正価格であるか

4-2.流れ

静岡県の総合建設業者「はっぴいハウス」では、以下のような流れで家作りをしています。

  • ホームページのフォームから来場予約をしていただく
  • 現場見学会やモデルハウスのご案内
  • 資金計画のご相談
  • OB邸へのご案内
  • 土地探し・現地調査
  • 工事設計の申し込み
  • 間取り確定
  • 工事請負契約
  • 図面承認
  • 着工式
  • 上棟
  • 竣工(しゅんこう)、お引き渡し

4-3.大まかな費用

新築で家を建てる際の大まかな費用を把握しておきましょう。建物本体代のほかに、土地代や建築費、付帯工事費、外構工事費、手数料、保険料などが発生します。自分で計算しても正確な費用を出すことは難しいため、事前にしっかりと建設業者と相談しておくのがおすすめです。

5.子育て中の間取りに関するよくある質問

「子育て中の間取りについて知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.ムダのない家事動線にするためにはどのような間取りにしたらよいでしょうか?
A.キッチンと洗濯機・洗濯物を干すスペースを近い場所に配置することをおすすめします。できればキッチンは2方向から出入りできるようにするとムダのない動線を作り出すことができるでしょう。

Q.子どもが小さいときは玄関から駐車場までが近いほうが便利ですか?
A.車の中で寝てしまった子どもを運ぶとき、おむつや食料品などをまとめ買いしたときなどは、やはり駐車場が近いほうが便利でしょう。

Q.子どもが独立した後は、子ども部屋をどうしたらよいですか?
A.客間や夫婦の個室として使うとよいでしょう。また、同居する親の個室として使うこともできます。

Q.玄関を作る上でのポイントは何ですか?
A.子どもが小さいうちは、玄関が広いほうが何かと便利でしょう。ベビーカーや三輪車を置くスペース、子どもに靴を履かせるスペースなども考え、バリアフリーにしておくと安心です。

Q.子ども部屋を作る際には、どのようなことに注意したらよいでしょうか?
A.できるだけ日当たりや風とおしをよくし、十分な収納がある部屋にするべきです。

まとめ

いかがでしたか? 子育て期間の間取りについて詳しくご紹介しました。子育て中は親御さんにとっても悩みやストレスの多い時期です。そういった問題を少しでも解決するために、家を建てる際には間取りに十分注意しましょう。ぜひこの記事を参考にして、快適に子育てができる間取りを考えてみてください。


新築注文住宅のはっぴいハウス