オール電化住宅の特徴やメリットを知りたい! 本当に光熱費は安くなる?


オール電化住宅とは、文字どおり家で使用するエネルギーのすべてを電気で賄う住宅です。電力会社が盛んに宣伝しているので、興味を持たれている人も多いことでしょう。家庭用太陽光発電システムと組み合わせれば、電気代もかなりお得になることもあります。しかしその一方で、「電気しか使えないといざというときに不便ではないか?」と思っている人もいることでしょう。
そこで、今回はオール電化のメリットとデメリットを解説しましょう。

  1. オール電化の基礎知識
  2. オール電化住宅のデメリットとは?
  3. オール電化に向いているライフスタイルとは?
  4. オール電化住宅に関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、オール電化住宅が向いているライフスタイルなどもよく分かりますよ。オール電化住宅に興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.オール電化の基礎知識

はじめに、オール電化の特徴やメリットなどを解説します。どのような特徴があるのでしょうか?

1-1.オール電化とは何か?

前述したように、オール電化とは、調理や空調・給湯・照明などの熱源をすべて電気で賄うことです。一般的な住宅は、調理や給湯はガスを利用し、空調や照明の熱源は電気を利用する、というように複数の熱源があります。熱源を電気に一本化することで、省エネかつより安全に生活ができるのが、オール電化なのです。

1-2.オール電化のメリット

オール電化住宅では、基本的に火を使いません。調理はIHクッキングヒーターで行い、給湯は貯湯式の次世代型給湯器、エコキュートです。ですから、火災などの危険性がガスを熱源として使っている住宅よりもかなり低くなり、高齢者や子どもでも安全にキッチンやお風呂が使えます。
また、熱源を一本化することで、電力会社が提供するお得なプランが使えるようになり、電気とガスの両方を使っていたころより、光熱費が安くなるでしょう。ちなみに、オール電化住宅で1か月にかかる電気代は平均で12,000~13,000円くらいです。ガス代はかかりません。ですから、毎月電気代とガス代を合わせて13,000円以上かかっているというご家庭は、オール電化の方が光熱費がかからなくなるでしょう。

1-3.太陽光発電システムと組み合わせるとさらにメリットが

今は、太陽光発電システムを屋根に取りつける家庭も増えました。自治体によっては補助金が出るところもありますので、大規模リフォームと同時に取り付けを検討しているというご家庭もあるでしょう。太陽光発電システムを利用すれば、電気代の一部を賄うことができます。また、売電も可能なので、設置工事費を売電で賄うこともできるでしょう。

1-4.オール電化住宅で使われる機器

オール電化住宅で使われる機器といえば、IHクッキングヒーターとエコキュートです。IHクッキングヒーターは炎が発生せず、電熱器とは異なり、ヒーター自体は発熱しません。ですから、安全ですし、フラットで凹凸がなく掃除が簡単です。
エコキュートは次世代型貯湯式給湯器で、電気代が安い深夜にお湯を沸かして本体に貯湯しておきます。エコキュートの場合は排熱も再利用するので、電気代がかなり安くなるでしょう。給湯器自体は大型になりますが、停電になっても貯めてある分はお湯が使えます。エコキュートで沸かしたお湯を床下に這わせたパイプを通して温める床暖房も人気の機器です。

2.オール電化のデメリットとは?

さて、オール電化はメリットだけではありません。以下のようなデメリットがあります。

  • オール電化にした場合の電気代は、深夜が安くなるように設定されているので、昼間に電気をたくさん使うと高くなる
  • 停電になった場合、給湯・照明・調理などすべてができなくなる
  • 導入費が高額になる
  • 家を建てた時からオール電化住宅にした場合、ガスを熱源とする住宅設備機器は一切使用できない
  • IHクッキングヒーターで使える調理器具が限定される
  • エコキュートの設置場所に困ることもある

つまり、昼間ずっと家に人がいる場合は、オール電化住宅にするとかえって光熱費が高くなるということもあるでしょう。また、ガスコンロからIHクッキングヒーターに切り替えた場合、火力不足を実感したり、調理器具をすべて交換しなければならないこともあります。
なお、太陽光発電システムも、どんな屋根でも載せられるというわけではありません。特に、シーズンごとに台風が何回も直撃するような地域は、設置が難しいでしょう。

3.オール電化に向いているライフスタイルとは?

以下にご紹介するようなライフスタイルならば、オール電化に向いています。

  • 共働きで、子どもは学校に通っており、日中は誰も部屋にいない
  • 電気代とガス代だけで、毎月15,000円以上はかかっている
  • 日照時間が長く、太陽光発電システムに向いている気候の地域に住んでいる
  • すでにIHクッキングヒーターや貯湯式給湯器を使用しているが、オール電化にはしていない
  • 太陽光発電システムを設置すると、自治体から補助金がもらえる地域に住んでいる

また、現在は電力の自由化が始まり、オール電化の電気料金プランも多様になってきました。日中家にいることが多いご家庭でも、お得な料金プランが出る可能性もあります。オール電化を検討している場合は、既存の電力会社と一緒に、新しく電気事業に参加してきた業者からも見積もりを取ってみるといいですね。

4.オール電化住宅に関するよくある質問

Q.オール電化住宅から、ガスを熱源として利用する住宅に変えることは不可能ですか?
A.できますが、かなり大がかりな工事が必要になります。場合によっては、新築を建てるのに近いお金がかかることもあるのです。

Q.オール電化住宅を作る場合は、一般的な住宅よりも費用が高くなるのでしょうか?
A.最初からオール電化住宅を作る場合は、それほど大きな差はありません。しかし、リフォームでオール電化住宅にする場合は、それなりの費用がかかるでしょう。

Q.マンションでもオール電化住宅にすることはできますか?
A.リフォームでオール電化にするというのは難しいですが、高層マンションの上層部は作られた当初からオール電化住宅になっていることも珍しくありません。オール電化住宅のマンションに住みたい場合は、そのようなところを探してみるといいでしょう。

Q.エコキュートは、オール電化住宅にしか設置できないものですか?
A.そんなことはありません。また、ガスを熱源とする排熱が利用できる給湯器(エコジョーズ)もあります。

Q.太陽光発電システムを設置する場合、何か制限などはあるのでしょうか?
A.屋根が発電システムの重さに耐えられることが、第一の条件です。また、前述したように自然環境によっては設置が難しいところもあるでしょう。まずは業者とよく相談してみることが大切です。なお、自治体によっては補助金がないところもありますので、気をつけましょう。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回はオール電化住宅に関していろいろと解説しました。オール電化住宅は2000年代に普及が始まり、2009年まで右肩上がりに普及が進んで行きましたが、東日本大震災をきっかけに需要が減少しています。東日本大震災の際は、停電が広範囲にわたって起きたため、家で暮らせなくなった人もたくさんいたのです。ですから、オール電化住宅を導入したい場合は、いろいろなシチュエーションを考えて、決断しましょう。そうすれば、いざというときも困ることはないでしょう。


新築注文住宅のはっぴいハウス